FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
ススキノを中心とする札幌圏内での風俗情報に関する「札幌風俗研究所」のブログです。管理人自身が好きなエロ動画や過去の風俗体験なども紹介します。
札幌風俗研究所ブログ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
初のススキノでボッタクリ
2006-10-08-Sun  CATEGORY: 懐かしの風俗店
私の初めてのボッタクリは
不幸にも初めてススキノに出た時に起こった。

私は就職したばかりで
札幌の研修に来ておりその初日、
その日始めてあった仲間とススキノに出る事になった。



一緒に行く事になったのは私を含めて4人。
みんな血気盛んな年頃で、
当然あっちの方もお盛んであった。

まずはススキノを歩く女性を
手当たり次第ナンパしようということになった。



しかし、声を掛けても掛けても反応は薄い。
それどころか3時間以上頑張っても成果はゼロ。

いい加減無理だろうと諦めかけた頃
2人組みの女性が少し足の歩みを緩めた。

そして、その2人組みの女性と居酒屋に入り、
色んな話をしたが、そのまま最終電車の時間でタイムリミット。



収まりのつかない我々4人集はさすがに
無謀にも風俗店に行こう!という者が出て来てしまい
「帰ろう」と言う二人に「我慢できない」と言う二人。



しかし、ほぼ全員が風俗どころか
ススキノ自体も初体験なのにいきなり
優良な風俗店を探そうなんて無茶すぎる。

すると

そんな我々のアブナイ気持ちを見透かした
立ちんぼのお兄さん達に捕まってしまった。



「お兄ちゃん達!3000円でやり放題だよ」



そう言われてその気になった我々。
今考えるとそんな話ありえないのだが、
当時の我々は社会に出て1日目の若造。

1人が「もう我慢できない」というと
さすがに誰も反対しなくなった。



「本当に3000円だけなんだよね」


「あぁ、60分で何回でもOKだよ」



うーーーん、
と少し相談した我々の答えはすでに決まっていた。

4人は細い路地の奥に連れて行かれ
ボロい建物の2階に登りながらお兄さんに言われた。


「暗いから前の人の肩につかまって入ってね」


何故?とか考える間もなく
我々は間抜けにもトレインを作って暗い店に入った。



4人はバラバラに座り、少しすると私の横には
明らかに20歳は年上だろうと思われる女性が来た。

私はガッカリする間もなく
その女性から想定外の言葉を聞いた。



「ABCの3コースあるけどどうする?」


「えっ?何のこと」と私が聞くと、


「Aは6万、Bは4万、Cは2万だよ」



「やられた」と思ったが時すでに遅し。
こんな若造がそんな大金を持っているはずもなく

「そんなお金ないし、さっき3000円払ったよ」

と言ったが
「そんなの知らないよ、どうするの?」
とそっけない返事。



どうやら友だちの1人が暴れたらしく
超デカイお兄さんが出て来て友達を押さえ込んだ。

「おい!何すんだよ?」と言ったものの
そのデカイお兄さんの迫力に参ったようで静かになった。



結局私はCコースにするしかなくなったが
財布には11000円しかない。

遂にその女性は、
モタモタしている私の財布を奪い取り
中のお金を全部出して一言言った。



「千円はタクシー代に使って」


「・・・・・」



あまりの出来事に呆気にとられて
何も言えない私にかまわず
女性は早速サービスを開始した。


私の息子をくわえているようだがどうも変だ。
気が付くとしっかりとゴムをはめて手で動かしていた。

いくら20歳以上年上の女性とはいえ
当時の私はあっという間にイッってしまった。




私の精液が最後まで出たのを確認すると
女性は「じゃあね」と言いながら暗がりに消えていった。




それから5分後、
我々4人は無言のまま徒歩で会社の寮まで帰った。






400本以上の超高画質ノーカット完全動画が、すぐにご覧いただけます!!




「札幌風俗研究所」では皆様方の風俗体験を掲載していきますので
どんどん投稿(札幌/その他)ヨロシクお願い致します。
スポンサーサイト
[PR]

ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントススキノの歩き方 | URL | 2007-03-08-Thu 15:26 [EDIT]
はじめまして!
ススキノの歩き方というポータルサイトの管理人をしております「コヤジ」と申します。実はこちらのブログに大変興味を持って拝見させていただいておりました。一度ご相談させていただきたいことがございまして、書き込みさせていただきました。もしよろしければ、メールなどいただければありがたいと考えております。 こやじです
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 札幌風俗研究所ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。